計画性のない生活

サラリーマン生活も終盤を迎え、日常の気になることや面白いことを書かせていただいてます

おれEDみたいなんだけど

今晩、MRの友人と神田で飲んで先ほど帰って来ました。

帰りの電車で途中まで、この記事を書いていたので、酔っていますが、記事を完成させてから寝ます。

 

MR(Medical Representative)とは医薬情報担当者のことで、製薬会社の営業マンです。

彼は、学生時代の友人で大手製薬会社に勤務していています。

MRも昔みたいに、「接待飲み会」や「接待ゴルフ」なども無くなって地味なもんだと言っていました。

そういえば、昔はMRじゃなくてプロパーって呼ばれてました。

彼らも、コンプライアンアス規定や企業倫理とか、業界の規定とかに縛られているようで、だいぶストレスが溜まっているようでした。

 

働き方改革」とか「ワークライフバランス」とか言うけど営業には関係ないと言っていました。

内勤者は、在宅勤務とかテレワークとかで働き方改革できるだろけど、営業は難しいと言っていました。

MRも女性が増えているようで、当然女性の管理職もチラホラ出てきているとの事です。

今の時代は情報を提供しなくても、取ろうと思えば、いくらでも取れちゃう時代なので昔の営業とはぜんぜん違うと、昭和のサラリーマンは熱弁していました。

 

酔いがまわってきた彼は、更に饒舌になりました。

「いろんなMRがいるけど、営業も多様性を尊重しなくちゃいけないんだ!」

CSRもESGも会社主体ではなく地域社会への貢献、課題解決により次世代の担い手のために、サステナビリティな取り組みが重要になるんだ!」

「そのためには、KPIやKGIで会社としての目標を管理していく必要があるんだよ!」

 

何を言いたいのか、何を言っているのかサッパリ判らなくなって来ました。

 

そして突然、「おれADみたいなんだけど」と言い出したのです。

私は「しょうがないんじゃないの。お互い、いい年なんだから」

「おまえのところ、いい薬あるんじゃないの」と聞くと

「うちは無いけど、他社には開発中の薬はあるんだ」との事でした。

「でも、仮に承認されても、症状を抑える程度で改善されるわけではないと思う」

と彼は言いました。

 

「症状を抑えるってどういうこと?」

「既に、しっかり抑えられちゃってんじゃないの?」

「反応しないんじゃないの?」

何か話がかみ合いません。

 

そして彼は「特に人の名前が覚えられないんだ」というのです。

 

その時、私は気づきました!

「AD」ってアルツハイマーの事?

私は「ED」と間違えていました。

 

何も無かったように、

「俺も人の名前を覚えられないし、思い出せないよ」とフォローしました。

「芸能人の名前なんて、なおさらに出てこないよ。名前が出てきても、間違っていることが多いよ」と彼に言いました。

 

「この前、娘に “芸人の三千頭身の後藤家は面白いなぁ” って言ったら、“三千頭身じゃないよ” と笑われたんだ」

「そこまでは和やかだったんだけど “三千親等か?” っ言ったら、 “どんだけ遠い親族だよ!” って切れられたんだ」

「他にも “横須賀流星って本名だって知ってるか?” って言ったら、無視されたんだ。


一応、彼をフォローしたつもりでしたが、話してて私の方が重症のような気がして来ました。

 

私は映画の題名なんかも適当に覚えてます。

指摘されたのは、「3目の殺人」と「島、部活やめるってよ」です。

この辺は一字違いで「チャレンジ」出来そうな惜しい間違いです。

何を言っているかは、通じるレベルです。

「マスカレードホテル」は題名が出てこなくて、「原作が東野幸冶のホテルの映画」で凌ぎました。

世の中、間違ったヒントでも答えは導けるのです。

洋画にいたっては、題名はおろか俳優の顔しか出てきません。

年末年始にテレビで放映された「ララランド」と「ドリームガールズ」が一緒になって、「ドリームランド」録画してあるか?といって馬鹿にされました。

 

彼には

「明日、今日話した内容を覚えて無くても、俺と飲んだこと覚えていたら心配ないんじゃないか」と言って別れました。

 

私も明日、彼と飲んだこと覚えているか確認してみます。

では、おやすみなさい。

 

f:id:keikakusei9:20200125012653j:plain

ご参考:AD=Alzheimer's DiseaseED=Erectile Dysfunction